エフリオ株式会社では昨年度に引き続き、エフリオ訪問看護ステーションの売上の一部を、杉並区が主催・共催する体験・交流事業に参加する子どもたちを支援するために活用されている、杉並区次世代育成基金に寄付金として寄与いたしました。

当社の訪問看護ステーションは、主に杉並区を拠点として、在宅療養されている高齢者の皆さまの看護を担っております。そこで当社では、地域の高齢者の方から頂いた収益の一部を地域の子どもたちに還元することによって、世代間の橋渡しの役割ができればと考えております。

エフリオ株式会社では、今後も様々な取り組みで地域支援活動を継続して参ります。