平成29年10月19日~31日までの5日間にわたって開催されました、在宅難病患者訪問看護師養成研修(主催:東京都福祉保健局)に当社の看護職員が参加いたしました。

この研修では、在宅難病のケアを行う訪問看護師が、難病患者の特性を理解し、専門的・実践的な看護知識・技術の習得及び向上を図ることを目的としています。

昨年度は、基礎コースの受講をいたしましたが、今年度はより応用的な内容を学ぶ研修を受講いたしました。難病に関する最新の知識や技術を学ぶだけではなく、カフ圧計の導入による安全性の確保や、グループワークなどを通して他訪問看護ステーションの事例などを共有することできました。

今回の研修で学んだ内容を、当ステーションで共有し、日々の訪問看護に活かして参ります。